金額費用」タグアーカイブ

探偵の浮気調査はどこまで調べるの?

浮気調査に関して、探偵事務所がどこまで調べてくれるのか分からないという方も多いと思います。ここでは探偵事務所に依頼することで、どこまで浮気の調査を行ってくれるのかについて紹介していきたいと思います。

浮気調査で調べる範囲

浮気調査は調べてほしい程度によって調査期間も異なってきます。浮気調査を行う段階としては以下の3つが挙げられますが、最終的には浮気相手の情報まで調べ上げてくれます。

①行動調査
対象が浮気を行っているかどうかの事実確認を行います。この段階では浮気を行っているか否かを記録するにとどまります。単純に対象が浮気を行っているか分からない場合に行う依頼方法となります。短い場合は数日で調査が終了することもあり、費用も最も安くなります。

②証拠収集
対象が浮気を行っている場合、その証拠を写真や映像におさめます。訴訟などを検討している場合、証拠が非常に重要なカギを握っていますが、探偵事務所では証拠収集まで行ってくれます。行動調査に加えてさらに日数や料金はかかることになりますが、おおむね2週間程度で調査は完了します。

③人物調査
人物調査は浮気の相手に関する情報を収集することです。浮気相手に対して慰謝料を請求する場合に有効な調査方法となります。調査の対象を浮気相手に変更するため、証拠収集からさらに1週間~2週間程度の調査が必要となります。調査範囲は浮気相手の住所や写真、職場など細かい個人情報まで調べ上げてくれます。

情報量が多いほど調査にかかる時間も多くなるため、自分の欲しい情報、および予算と相談しながら調査内容を指示するようにしましょう。

目的に応じて調査依頼の範囲を変えること

探偵の浮気調査は細かい部分まで調べてくれるのですが、時にはそれが自分にとって不必要な情報である場合もあります。例えば自分のパートナーとやり直す意思があるのなら、行動調査で事実関係を掴むだけで事足ります。どこまで調査してほしいのかこちらから明確に伝えてあげないと、調査期間が長くなってしまい、費用も跳ね上がってしまうので注意が必要となります。

浮気調査は足による地道な調査が基本となりますが、多くの場合、浮気の事実関係から証拠の収集、浮気相手の情報まで知ることが可能となります。自分の力では調べ上げることができなかった場合、探偵の力を借りることによって容易に事実関係を確認することができると思います。

浮気で慰謝料をとるなら探偵調査です!

浮気調査は現場の証拠を押さえるところまでおこなってくれます。それは、浮気による慰謝料請求には証拠が必要不可欠となるためです。ここでは慰謝料請求時に探偵を利用することのメリットに関して紹介していきます。

慰謝料をとるなら探偵に浮気調査を依頼

探偵に浮気調査を行う場合、その目的はいくつかあると思います。その中でも浮気はほぼ確実に行っていて、慰謝料をとるための証拠を掴みたい場合に探偵の浮気調査は大きな利点があります。探偵に依頼することによるメリットは以下のことが考えられます。

①バレることなく証拠を得ることができる
浮気調査は目的に応じて調査の範囲も変わってきますが、慰謝料目的で依頼する場合は証拠収集と浮気相手の人物調査まで行うことになります。これを自分自身の手で行うことはなかなか難しく、相手によっては警戒している場合もあります。浮気現場や時間帯が分からない場合でも地道な調査によって現場を突き止めてくれるので安心です。

②探偵は弁護士事務所と提携しているケースが多い
浮気の証拠を掴むことができたら、実際に慰謝料請求の手続きに入ることになります。しかし、自分一人ではどのような手順を踏めばよいのか分からないと思います。探偵事務所の多くは弁護士事務所と提携することによって、スムーズに訴訟手続きに入ることが可能となります。多少お金はかかってしまいますが、自身の負担を最小限に抑えることができます。

慰謝料で探偵の依頼費用も軽減/h3>

探偵費用はおおよそ30万円~100万円と高額です。しかし、浮気が原因であれば慰謝料もかなり高くなりますので、探偵費用の負担を軽減させることができます。不倫による慰謝料の相場は200万円~300万円と言われていますので、それを考えれば難なく依頼することができると思います。

まずは探偵事務所に相談してみるべき

探偵事務所によっては無料相談を実施していて、探偵に依頼すべきか否かアドバイスを行ってくれる場所もあります。どうすればよいのか悩んでいる場合は、一度探偵事務所へ相談してみると良いと思います。探偵事務所は浮気調査などの経験も豊富で、きっとよい助けになってくれるでしょう。

浮気されていたという事実はとてもショックなものだと思いますが、それを乗り越えるためにも慰謝料請求を行うことは一つのステップとなります。探偵の浮気調査はそうしたステップアップの助けになってくれるはずです。

浮気調査の平均日数と平均金額・費用はどのくらい?

浮気調査にかかる日数は場合によって異なります。ここでは目的別の平均調査日数と金額について簡単に紹介していきます。

浮気調査にかかる平均日数とは?

浮気調査にかかる平均日数は目的によっても異なります。ここではまず調査依頼の目的別の平均調査日数を紹介します。

○離婚目的である場合
離婚目的である場合、訴訟の際の証拠目的で探偵に依頼するケースが多くなります。この場合、綿密な調査と証拠の確保が必要になるため、通常よりも調査の日数は多くなります。状況によって日数はかなり変わってきますが、2週間~3週間程度を目安に考えると良いと思います。

○復縁目的である場合
復縁目的である場合、事実を掴んで相手を反省させることが目的となりますので、調査に関してもある程度の証拠を掴めばよいということになります。そのため、調査期間も比較的短く、おおよそ3日~7日程度で済むケースが多くなります。

○調査結果により判断する場合
今後の対応を決めるために浮気調査を行う場合、白か黒かの判断ができればよいので調査日数はかなり少なくて済むはずです。平均日数としては一番短く、おおよそ3日~5日程度で調査が終了するケースが多くなります。

金額に関しては1時間当たりの調査で2万円前後が相場となっています。浮気調査にかかる金額はこれに調査時間×日数を加算したものだと思っておくと良いと思います。

情報量によっても調査日数は異なってくる

浮気調査の平均日数を紹介しましたが、これはあくまで目安となります。浮気調査は状況によって難易度がかなり変わってくるため、場合によっては長期に渡る調査が必要なケースもあります。
例えば浮気をしているような気がするのだけれど、いつどこで会っているかわからない場合、調査日も当然多くなりますので費用もたくさんかかってしまいます。逆にある程度の行動パターンが分かっている場合は証拠をおさえるだけですので、調査日数はかなり少なくなるはずです。費用に関して不安を抱いている場合は、ある程度の情報を自分でつかむことも必要となります。

その他にも対象の警戒レベルなどによっても調査日数が変化する場合があります。過去に浮気を暴かれた人などは、その辺の警戒意識が強いため、調査も難航します。確実に浮気の実態を暴きたいと思っている場合は、少し多めの資金を準備しておいた方が不安なく調査を依頼することができると思います。

浮気調査の探偵費用 – 金額相場はどのくらい?

浮気の現場を掴みたいときに探偵の力を借りたいと考えている方は多いと思います。しかし、探偵事務所はいくらかかるのか分かりにくいのが実情。そんな方のために、ここでは浮気調査の料金体系と金額相場を紹介します。

探偵の料金体系はいくつか種類がある

探偵に浮気調査を頼む場合、いくつかの料金体系が存在することを覚えておいた方が良いと思います。以下はそれぞれ料金体系とメリット、デメリットになります。

○成功報酬型
基本料金は安めに設定されていて、依頼が達成された場合に料金が上乗せされるタイプとなります。目的の情報を掴むことができなかった場合のリスクを抑えることができる一方で、料金の上限が分かりにくいというデメリットもあります。また、ほかの料金体系と比較して高額となるケースもあります。

○定額料金制
期間に対して成功の可否を問わず料金が一定となる体系です。利用者にとってはいくら支払えばよいのか明確になるため、依頼のしやすさで言えば一番となります。しかし、早期に調査が終了した場合、または依頼期間内に調査を終えることができなかった場合でも同一の料金がかかってしまうというデメリットがあります。

○加算算定法
調査時間に応じて料金が上乗せされていく方式です。浮気調査においては一般的な依頼方法となっています。時間を細かく指定して依頼することができるため、浮気を行うであろう時間帯がある程度絞られているならば、料金を安く済ませることが可能となります。ただし結果が出るまで料金が上乗せされていくため、最終的にいくらかかるのか分かりにくいというデメリットもあります。

結局浮気調査の相場はいくらなのか?

浮気調査の相場は探偵事務所によってかなり幅があるのが実態です。一般的に浮気調査の料金は1時間当たり2万円前後となっていて、平均調査日数は3日から7日程度となります。1日当たり6時間程度の調査時間とすると、おおよそ36万円~84万円が相場であると言えます。

もちろん浮気を行う曜日や時間が定まっている場合、調査時間を短縮することができますので、料金も安く済ませることができますが、上記で記載した金額程度は覚悟しておいた方が良いと思います。

料金は探偵事務所によってかなり異なる部分があります。いくらかかるか不安な場合は、一度事務所を訪れて見積もりを行うと良いと思います。下手をするとかなり高額となってしまうケースもありますので、慎重に選ぶようにしましょう。